プロフィール

ぼにゃり

Author:ぼにゃり
AION-ジケル魔族
 スペル:ぼにゃり
 メロディ:えれっと
 チャント:あーり

LOL-NAserver
 サモナーネーム:bonyari

中国 Blade&Soul-岡通三区-白霧森林
 リン剣士:bonyari
 力士:LynnForce

日本 Blade&Soul-真紅-渾天教
 門派:bigbang
 滅砕士:Ixy

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

twitter

ぼにゃり

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ぼんやりMMO珍道中
オンラインゲームの記事をメインにいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AION】鉄壁の砦とはなんだったのか
意味不明の仕様満載だった鉄壁が修正および弱体された模様。


弱体前仕様の場合、明らかにS取得は無理ゲーだったが、パシッドを討伐してランク付けくらいは
何とかなるんではないかというところまで攻略が進んでいた。
韓国でも弱体前パシッドの討伐報告はなく、我が鉄壁Fは割とマゾの集団であるため
「修正前にパシッド討伐を!」を目標に週2回のチャレンジを続けていた。
改めて思うがやっぱりマゾな仲間達だと思う。かくいう私も同類なのだけれど。
 はっきり倒すのが無理なんじゃないかと思ったNMは激怒ヤメンネス以来だった。
 その激怒ヤメンネスもドマゾの極致とも言える討伐方法(エンドレスゾンビゲー)で2-3度倒しているため
 本当の意味で攻略できなかったIDは鉄壁が初めてだと思う。



初めてパシッドを出現させたのは11/12の事。
当時の方法ではどう頑張っても第4陣の最中に時間切れとなってしまい、マンネリ化していた時期だった。
その日は固定メンバーが複数人集まらなかった為、無差別に火力を数名募集して今までの進行方法とは異なるやり方で
「とりあえずパシッド出してしまおう、モチベ上がるだろうし」という軽い気持ちで臨んだ日だった。
初めての進行方法で戸惑いながらも「ま、失敗してもいいや、テストだし」と呑気にMOBを狩っていたのだが
途中で違和感を感じるようになった。
「・・・なんかぬるくね?」

そう、MOBの沸きが甘いのだ。後で動画を見直したが明らかにMOBの数が少なかったように思う。
そのままトントンと進んで行き、残り時間6分のタイミングでパシッドがPOPした。
あの時はみんなテンションMAXだったと思う。
ただ全員が初めてのことでみな戸惑い、パシッドを削ればいいのか雑魚MOBを処理すればいいのか分からず
ひたすら混沌が続いた。
どうにも雑魚処理が追いつかなくなってきたタイミングで「もう割り切ってパシッドぼこれ!!」となり
雑魚無視で全員がパシッドを殴ることになった。そして殴り始めた直後に全員が同じこと思い浮かべたと思う。
「あれ・・・こいつ柔らかくね・・・?」
大量のMOBを抱えながらではあるが、わずかな時間で残りHP40%まで削ってしまったのだ。
この回の経験を元に新たな攻略ルートが練られ、モチベーションを取り戻した我が鉄壁Fは
改めてパシッド討伐に向けてスタートしたのである。

そしてそれが最大の罠だった・・・

その後数回の試行で判明したことなのだけれど、どうも11/12の鉄壁IDはバグっていたらしい。
その判断理由は3つ。
 1. 雑魚沸きの量が明らかに違う
 2. パシッドが範囲スキルを使ってこなかった
 3. パシッドが柔らかかった

まず1。11/12回とそれ以降の回では第2-4陣の雑魚の量がそれはもう目に見えて違う。
「道中はDP残しておいてパシッドに使っちゃおうねー」などという甘い幻想を持ってしまったのは
仕方ないと思えるくらいに量が違った。
次に2と3。11/12回ではパシッドが強烈に痛い範囲スキルおよびMP減少スキルを使ってこなかった。
このバグがあったからこそ11/12回では第5陣でパシッドを抱えつつ雑魚処理が出来ていた。

バグにより多少情報が錯綜してしまったものの、結果的にはパシッドまでたどり着くことが出来たため
11/12回をベースにした攻略方法で進めていくこととなる。

ただ、なぜか回を増すごとに雑魚処理が追いつかず途中で失敗することもしばしば。
辛うじてパシッドまで辿り着いても、その時点で満身創痍になっており
パシッドの範囲攻撃で全滅して20~30%削るのがやっとであった。

残すところあと1回というところで、もしかしたら行けるかもしれないという
討伐の流れを掴むことができたのだが、兎にも角にもラストチャンス。
意気込んで臨んだものの、パシッドを意識しすぎて道中で壊滅してしまった模様(自分は寝坊で欠席)。


という波乱万丈の鉄壁Fの歴史であったが、修正来た後の結果がこれ。
pictuer.jpg

ちょれー余裕ですわー、とはいかないけどある程度余力を残してS討伐。
少し物足りない気はするものの、討伐できたことに満足です。
まだ完全に安定してないので鉄壁へのモチベーションはある程度残っていますが
惰性でも討伐できるようになってしまったら、それこそAIONの最後になるかもしれません。
だって装備揃えてPKしようにも相手がいないんだもの。


ほかにやることはありますからねー。
現在進行形→LOL・艦これ・B&S
気になるもの→ポケモン・FF14・各種オフゲー

どうなるかは気分次第ってことで。
スポンサーサイト

テーマ:The Tower of AION - ジャンル:オンラインゲーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。