プロフィール

ぼにゃり

Author:ぼにゃり
AION-ジケル魔族
 スペル:ぼにゃり
 メロディ:えれっと
 チャント:あーり

LOL-NAserver
 サモナーネーム:bonyari

中国 Blade&Soul-岡通三区-白霧森林
 リン剣士:bonyari
 力士:LynnForce

日本 Blade&Soul-真紅-渾天教
 門派:bigbang
 滅砕士:Ixy

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

twitter

ぼにゃり

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ぼんやりMMO珍道中
オンラインゲームの記事をメインにいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logicool® G502 Tunable Gaming Mouse レビュー
BnSの記事ではないです。
万霊バグ・スタン検証の2つを終わった後ぐらいからやる気が無くなりました。
スタンについてはスタンの繋ぎ方を注意すれば何とでもなるからいいんですけど
(例1 F掌握→1地震→MC6回→Z蹴り→F後転狩りでF膝蹴り→MC6回)
(例2 F掌握→4鉄壁→MC6回→Z蹴り→F後転狩りで1地震→MC6回)
(例3 F掌握→4鉄壁→MC6回→F膝蹴り→F後転狩りで1地震→MC6回)
万霊で勝ち試合を落とすのが腹立つんで比武行ってません。というかBnS自体ログインしていませんね・・・

公式スレッドに滅砕うるさいとか書いてましたけど、他職もバグがあれば検証して声を上げればいいのです。
ユーザーが主張しないと修正されませんよ?(必ず修正されるとは言っていない)
条件見つけて動画撮れば運営も無碍には出来ないと思います。

現パッチでのBnSについて書くことが無くなったので、新しく購入したマウスについて
少しだけ使用感などを書こうと思います。
Logicool® G502 Tunable Gaming Mouse 仕様

今まで使っていたマウスがLogicool MX1100でしたので、主にそれとの比較で書いていきます。

■ボタンについて
logicool502_2.jpg

G502は左右クリックを除けば9ボタン有ります。
左クリック横に2ボタン(前G8、後G7)、左サイドに2ボタン(前G5、G4)、親指の場所に1ボタン、
ホイールを左右に倒して2ボタン、ホイール押し込みで1ボタン、ホイール下に1ボタン、という配置です。
(ホイール下ボタンの更に下にあるボタンは、スクロール切替用のボタンなので割り当て不可)

私がMX1100から乗り換えるに当たって一番重視していたのは、MX1100の「ステルスサムボタン」でした。
これは何かというと「親指を置く窪みの最下部に隠れて配置されたボタン」というもので
自然体でマウスを掴んでいる時に咄嗟に押しやすいボタンです。
この親指先で押すボタンが無いと生きていけないぐらい頼ってしまっていたので
乗り換え先のマウスはかなり絞られてしまう形になってました。
このG502にはちょうど同じような場所にボタンが配置されていたので、即購入してしまいました。

肝心のボタンの配置・操作感についてですが、G8は人差し指をスライドさせてスッと押せるのに対し
G7はかなり人差し指を曲げないと押せない感じがあります。
かなり負担があるので、人差し指の第一関節あたりで横に押し込む方が押しやすいかもしれません。
慣れれば問題無さそう。
G5は親指をちょこっと動かせば押せて、G4は親指第一関節あたりで押し込む感じにすれば
こちらは両方ともスッと押すことが出来ますね。

マウスホイール左右+押し込みは他のマウスと大差無し。
ホイール下にあるボタンはかなり押しづらいので、割り当てることは無いと思います。

親指先のボタンは、常にボタンに触れている形になるので非常に押しやすいです。
瞬間的に押す必要のあるスキルに振ると非常に便利ですね。(AIONのリム、BnSの脱出等)


■重量
G502はケーブル抜きで120g。3.6gのウェイトが5個あるのですべて搭載しても140g弱。
前任のMX1100は電池込180gという超重量マウスだったので、ウェイト全部載せても軽い感じがします。
FPSユーザーはマウスの動きが激しいため120gでも重いそうですが、MMOとDotAしかしない自分にとっては
苦にならない重さです。


■大きさ
MX1100の大きさは、87.7 x 122 x 48.5(幅×奥行×高さ)
___G502の大きさは、75.0 x 132 x 40.0(幅×奥行×高さ)
割と大きい方だと思いますが、これまたMX1100よりも一回り小さいので気になりませんでした。
見た目はゴテゴテしていますが、手が触れる部分は丸みが帯びていて
実際に動かす際に触れる部分の感触は良いです。
(マッドキャッツのマウスは見た目通り、触る部分もゴテゴテしていてちょっと苦手でした)


■ソフトウェア等
全てのボタンにマクロ登録が可能。
タイミングさえ合わせれば滅砕士のMCが簡単に再現できます。
最速MC6回のマクロを調整すれば、1地震から6回MCが安定するかもしれません。まぁそんなマクロ組みませんが。
あとは使用中のマウスパッドごとにキャリブレーション(センサー精度の調整)が可能なので
購入時は一度キャリブレーションするといいと思います。
これをやると自分の思った通りのマウス感度に調整できるので、すごかったです。


<総評>
・重量が気にならない人向け
・手が小さい人だと少し扱い辛い可能性有り
・G600やnagaみたいに小さいボタンが密集しているのが苦手な人にオススメ(自分がこれ)
・細かいDPIの調整やキャリブレーションはすごく良い
・見た目カッコイイ、光る
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/09/15 03:26] | # [ 編集 ]


>Yさん
非公開コメントだったので、完璧に見落としてました。ごめんね。

滅のMCについてですが、私はマクロを使ったことがないため明確な数字的アドバイスを示すことができません。
私がMCを練習していた時は、【審判の横振りモーションのどのあたりまで見えたら天誅を使うか】という点に
注意していました。

審判の横振りモーションで、武器が自分のキャラの正面に来るタイミングで天誅を使ってみてください。
振り切った後だとダメです。
タイミングが若干シビアなのは【審判→天誅】で、【天誅→審判】はそんなに難しくありません。
【審判→天誅】の間隔さえ掴めば、あとは同じタイミングで押し続けるリズムゲーになります。


上に書いた通り、MCについては感覚的なことしかお伝えできません。
各々のPCスペック回線状況等も関係してくるので、自身で最適解を見つけるまで
カカシを殴るほかないと思います。
[2014/09/30 11:16] URL | ぼにゃ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bonyarin.blog31.fc2.com/tb.php/414-df216d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。